• Topnotch

XデーとD-day

日本語では、将来的に重大な事が起こり得ると考えられるとき、実際にそれが起こる日を「Xデー」として呼ぶことがあります。英語では、これと同じ意味で“X-day”という語を使うことは通常ありませんが、別の意味ではいくつか存在します。中でも比較的知られているのは、第二次世界大戦中の“X-day”で、連合国軍による九州侵攻作戦、いわゆる「オリンピック作戦」(Operation Olympic)の実行予定日とされた1945年11月1日がそう呼ばれていたそうです。


これに似た表現で英語圏の国々でよく知られているのは、なんといっても“D-day”でしょう。こちらはご存知の方も多いかと思いますが、1944年、ナチス・ドイツ占領下にあった北西ヨーロッパに対して連合軍が侵攻作戦を仕掛けた歴史的な日です。ここでの“D”はdayの頭文字なのですが、今日では“delivery day”すなわち「出産日」の略として“D-day”という表現が使われることもあるようです。ちなみに、作戦実行日が“D-day”とするなら、作戦実行時間はどう表現すればいいでしょうか? そうです、“H-hour”です。意外と単純ですね。


余談ですが、街中ではクリスマスのデコレーションが見られる季節になってきました。日本では、Christmasの代わりにX’masという綴りを用いる方がいらっしゃいますが、ここでアポストロフィーは必要ありません。また、Xmasの発音をあえて「エクスマス」とする必要はなく、「クリスマス」と読んで差し支えありません。

Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え