• Topnotch

followingとfollowed byの混同

followingを前置詞afterの代わりに使用する方が多いですが、これはあまりお奨めできません。followingという語には名詞や形容詞の役割もありますから、前置詞としての「~の後に」の意味はafterに任せるべきです。このことは、ノンネイティブの論文執筆者にこそ伝えたいポイントでもあります。というのも、あまりにもfollowingを不用意かつ頻繁に使用してしまうがために、“following”と“followed by”の混同が起こりやすくなっているからです。


Chemotherapy following antiemetic treatment

Chemotherapy followed by antiemetic treatment


上記の2つのフレーズでは、化学療法と制吐治療の実施順が逆になりますが、文の構成上はどちらも化学療法が先に出てきます。“following”と“followed by”が真逆の意味になることに留意することも大切ですが、それ以前の問題として、「~の後に」を意味するときにはafterを用いるべきです。


“followed by”とすべきところが“following”となっても文法上おかしくはないだけに、著者の意図しない記述が査読者等に見過ごされて世に出てしまうリスクも十分にあります。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page