• Topnotch

enoughの置き場所

こちらのブログをご覧の皆さんはenoughという単語の品詞をご存じでしょうか。enoughには、形容詞、副詞、代名詞の3つの要素があります。


「品詞なんてどうでもいいよ」


そう思われる方もいらっしゃることでしょう。


もちろん、この単語を使うときに、いちいち品詞を意識する必要はまったくありません。しかし、知っておいて損はない理由があります。というのも、ネイティブでない人が書いた文では、このenoughの位置がおかしいことがあるのです。典型的なのが、


Our hospital is enough large for 300 outpatients.


のように形容詞の前にenoughを置いているパターンです。注意すべきことは、このように形容詞を修飾するときのenoughは副詞であり、形容詞の後ろに置かなければならないということです。つまり、


Our hospital is large enough for 300 outpatients.


が正しい語順です。


一方、「十分な」という意味の形容詞として用いられるときは、当然、修飾する名詞の直前に置く必要があります。例文は以下のとおりです。


The hospital does not have enough beds.


このenoughとbedsの順番は入れ替えることができません。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page