• Topnotch

“color figures大歓迎”のちょっとした落とし穴

オンラインでの出版が一般化した今日では、紙のみで刊行を続けているジャーナルは少数派となっています。白黒印刷とカラー印刷で大きくコストが異なる紙媒体と違って、インターネット上では色を自由に設定できることから、色付きのFigure(color figures)の投稿を制限したり個々のcolor figureに対し追加料金を徴収したりするジャーナルの数は、相対的に減ってきているかもしれません。今やそれどころか、color figuresの投稿を奨励している(“Color figures are welcome.”)ジャーナルもたくさんあります。とりわけオンラインのみのジャーナルは、カラーのほうが視覚的にも魅力的なので、color figuresを受け入れる傾向が強いです。投稿する側としても、特段の追加的費用を支払うことなくcolor figuresが発表できるならそれに越したことはないと思うでしょう。


しかし、ここにはちょっとした落とし穴があります。


color figuresの形態で投稿し、color figuresのままアクセプトされ公開されても、読み手にとってcolor figuresでないことがあるのです。それもしばしば。


あなたは、オンライン上で公開されている論文を印刷して読もうとするとき、カラー印刷しますか? それとも白黒印刷しますか? 答えは人によりけりでしょうが、専ら白黒印刷しかしない方も多いことでしょう。


だとすれば、発表する側の立場で考えると、color figuresを使うか否かにかかわらず、「白黒印刷された場合にも問題なく判読できる形式で作図すること」が非常に重要ということになります。つまり、2つ以上の要素を単に色分けのみで区別したりするのではなく、記号(丸、三角、四角)や線(実線、破線、点線)の形状に違いを持たせるなどの工夫が大事です。


color figuresの公開が簡単になったが故の新たな落とし穴とも言えますが、せっかくのデータが誤って解釈されなることのないよう注意したいものです。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page