• Topnotch

“all”は複数なのか単数なのか

All of the subjects were Caucasian.


上記の文は「被験者は全員白人であった」という意味ですが、これが示すとおり、“everybody”と同義で使われるallに対しては複数動詞(ここではwere)を用います。


では次の文の括弧に入るのはisでしょうかareでしょうか。


Nothing is left; all ( ) lost.


セミコロンの前の部分が示すように、この文の意味は「何も残っていない。すべてが失われた」というものです。問題の正解はisです。


“all”を含む文において、単数動詞を用いるべきか複数動詞を用いるべきか迷ってしまうことはないでしょうか。それは自然なことです。なぜならば、ケースバイケースで答えが変わるからです。憶えておくべきは、「everythingと同義のときは単数動詞、everybodyと同義のときは複数動詞」ということです。

所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page