• Topnotch

信頼区間

専門家の目でみれば、論文がネイティブによって書かれたもの(もしくはネイティブの校正を経たもの)であるかどうかは、パラグラフを一つ見ただけで大体わかります。最初の数語を見ただけでわかるときもありますし、フォントの選択だけでわかることもあります。


添削をしていてたまに見かける“confidential interval”というフレーズは、そうした「目印」の最たるものと言っても良いかもしれません。もちろん好ましくは“confidence interval”ですが、日本人や中国人の著者による論文では(査読を経たはずの公表済み論文においてさえ)見かけることがあります。昨今では、統計結果を報告するにあたってP値だけでなく信頼区間も示すことが重要であるとされていますので、このフレーズを目にする機会は今後も多々ありそうです。


ちなみにこのcondifence interval、略してCI(シー・アイ)と記載するのが一般的ですが、Cl(シーと小文字のエル)と書かれているのを見たことも一度だけあります。しかも、そのときの論文では全編に渡ってこの誤りがあったため、ケアレスミスではなく間違って憶えてしまったのでないかと思われましたが、一体ご本人はこれをどう発音していたのだろうかかと今でも気になっています。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page