• Topnotch

軽視できない大文字と小文字の区別

ノンネイティブの著者による英文を読んでいると、文頭でも固有名詞でもないのに最初の文字を大文字にしている単語に頻繁に遭遇します。ほとんどの場合、誤りであることが一目瞭然なので手直しすることができるのですが、一方で、文頭なのに大文字になっていないようなのを目にすると、「大文字にするのも手間なのだろうか」などと思ってしまうのも事実です。


ではここで、大文字と小文字の区別が重要であることを示す例をご紹介しましょう。


japan

china

john


これらの単語の意味が分かりますか?


「馬鹿にしているのか」と怒られそうですが、最初の文字が大文字になっていないことに注意してください。一応断っておくと、これらの意味は「日本」「中国」「ジョン」ではありません。


正しい意味は、上から順に「漆器」「陶器」「トイレ」です。もっとも、johnに関してはアメリカの口語で用いられるだけですので憶えておく必要はないかもしれませんが、japanやchinaはスラングでもなんでもありません。漆の原産地が日本だったというように、単語の由来も理にかなっています。


「大文字と小文字の違いだけで意味まで変わってしまう」ということの戒めとして憶えておきたいものです。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page