• Topnotch

表現の曖昧さを回避する

英語の諺に“Two is company, but three is none.”というのがあります。これは、「二人だと仲間だけれど、三人になると仲間割れする」という意味です。類似の表現として、“Two is company, but three is a crowd.”(「二人だと仲間、三人だと群衆」)というのもあります。なかなか示唆的な表現ですね。2つなら良いのに3つになると良くないことというのは、実はメディカルライティングにおいても存在します。


以下のフレーズを解釈してみてください。


non-diabetic retinopathy patients


単にretinopathy patientsと書いてあるだけなら、誰でも間違えることなく「網膜症の患者」と理解できます。retinopathyもpatientsも名詞ですが、この2つだけなら修飾と被修飾の関係が明らかで、容易に読みとることができます。あるいは、retinopathyかpatientsを取って、non-diabetic patientsやnon-diabetic retinopathyならば、やはり修飾・被修飾の関係を見誤ることはないでしょう。ところが、最初に書いたように3要素が連なったとたん、曖昧さに頭を抱えなければならなくなります。


一つ目の解釈として考えられるのは、“non-diabetic”と“retinopathy patients”の間で区切り、「糖尿病に罹患していない、網膜症の患者」というものです。可能性として考えられるのは高血圧性網膜症などでしょうか。ただ、“non-diabetic”と“retinopathy patients”の間にカンマがあれば確実にこのように理解できるのですが、そうではないので確信が持てません。


二つ目の解釈は、“non-diabetic retinopathy”と“patients”の間で区切り、かつ、“non-”が“diabetic retinopathy”を修飾するとみなし、「糖尿病性網膜症に罹患していない(が他の何らかの疾患を持つ)患者」と読みとるものです。糖尿病性網膜症が否定されているに過ぎないので、ここでの「他の何らかの疾患」は文脈次第で高血圧性網膜症にもなれば癌にもなりえます。


これらに加え、日本では糖尿病網膜症の病期のひとつとして非糖尿病網膜症(non diabetic retinopathy)というのがあるそうです。もっとも、この表現自体が世界的に一般的かどうかは疑問ですが、仮にこれに“patients”がついたものと仮定すると、「非糖尿病網膜症の患者」という特定の患者群を指す語にすらなってしまいます。


いずれにしても、こうした曖昧さは、名詞や形容詞を3つ以上連続させて修飾関係を不明確にしてしまったことに起因します。このような表現はfreight-train phrase(貨物列車のようなフレーズ)などと呼ばれており、複数の解釈が成り立つと考えられる場合には避けるのが無難です。ちなみに“freight-train phrase”自体も3つの単語から成っていますが、“freight”と“train”の間に適切なハイフンを入れることで曖昧さを回避しています。


トップノッチの英文校正では、科学技術論文としてふさわしくない曖昧表現はできるだけ避けるよう努めています。

Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え