• Topnotch

「結果は過去形で書く」の原則が行き過ぎた例

論文のResultsすなわち「結果」の項は、もっぱら過去形を用いて書きます。当然、論文の書き方に関する指導を受けた方々も、そう教わったはずです。とはいえ、Reultsで使用する動詞が100%過去形になるわけではありません。先日、おそらくはこの教えを忠実に守りすぎたと思われる例に遭遇しました。


Table 1 showed the baseline characteristics of the patients.


Changes in body weight were shown in Figure 2.


これらはResultsで一般に見られる文にそっくりですが、過去形になっているところが決定的におかしいです。結果を過去形で書く理由は、「研究結果の出たタイミング」が「論文執筆のタイミング」より前だからであり、それ以上でもそれ以下でもありません。TableやFigureへの導入文はいわばそれ自体が論文を構成するものであり、それ以前からあったものではありませんから、通常、過去形で書くことはありません。


上記の例は明らかなミスであることが読み手もわかるのでまだ大した問題になりませんが、過去形は、文脈によっては「過去はそうだったが今はそうではない」という意味を暗示しますので注意が必要です。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page