• Topnotch

既知の事柄と未知の事柄

文法的には真っ当でも、文脈を与えられたときにややぎこちない表現になってしまうことがあります。例えば、ABC(仮名)という新薬がXYZ Pharma(仮名)というよく知られた製薬企業から発売された状況を想定してみてください。このトピックについて述べるにあたり、冒頭で


A new anticancer drug called ABC has been launched by XYZ Pharma.


と書くのは実はベストとはいえません。一見何の変哲もない文ですが、一体なぜでしょうか。


英語では、述部、簡単に言えば動詞の後に、新情報をもってくるのが普通とされています。ですから、


XYZ Pharma has launched a new anticancer drug called ABC.


という表現のほうがここではしっくりくるのです。ポイントは、XYZ Pharmaがよく知られた会社であることです。


ABCという薬剤もXYZ Pharmaも知られていないような状況であれば、一つめ文のままでもOKです。その場合、実際は“XYZ Pharma”で文を終わらせず、“…XYZ Pharma, a Japan-based company specializing in…”のように、企業についての説明を加えることが多いです。なぜなら、XYZ Pharmaが知られていない企業だからです。


今回の場合は、ABCが新しい情報でXYZ Pharmaは既知の情報という前提ですから、二つ目のような文にして、必要に応じて“…ABC, which is prescribed to…”などのようにABCに関する補足情報を加えるというのが一般的です。


Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え