• Topnotch

数詞を複数形にする珍しいケース

数詞は通常、one patientやtwo drugsのように他の名詞の数を特定するためのものであり、数詞そのものが複数形になるわけではありません。しかし、数詞にsをつけて表現する場合も稀にあります。


The animals were caged by threes during the study period.


上記の文が論文の方法の項にあった場合、被験動物が3匹ずつケージに入れられたことを示します。3匹をひとつのセットとし、それが複数あるので“threes”となります。


ここでもしby threesではなくby three animalsなどとしてしまうと、受け身の前置詞byと理解され、「3匹の動物によってケージに入れられた」と捉えられかねませんので注意が必要です。


ちなみにここでanimalsとして言及されているものとしては、マウス、ラット、イヌ、サル等が考えられます。英語は繰り返しを好まない言語なので、初出時に種類を正確に示した後はanimalsという語で表現するということがよくあります。ニュース等でも、最初にlionとして言及した後、2回目でthis big catなどと呼ぶことは珍しくありません。


実際のところ、日本人著者の方が書かれた論文の英文校正を行っていて、"threes"のような表現に出会うことは非常に稀ですが、逆に言えば、こうしたフレーズを使うことで"ネイティブらしく"見せることができるとも言えそうです。

Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え