• Topnotch

当たり前のことは先に述べる

前回のブログで、既知の情報と未知の情報を同一文中で提示する際の適切な語順について述べました。関連するテーマをもう少し掘り下げてみたいと思います。


医学論文の冒頭すなわちIntroductionでは、当該論文中で言及したい疾患について、そのあらましを提示することが一般的です。例えば、乳癌についての論文であれば、


1. 「乳癌は女性の癌の中でもっとも一般的である」

2. 「乳癌に罹患した女性の5年生存率は90%である」


というような情報が提示されることがよくあります。


これをそれぞれ英文にすると、


Breast cancer is the most common cancer in women.

It (= breast cancer) has a five-year overall survival rate of 90%.


と書くことができますが、ちょっとぶつ切りな感じで稚拙と言えなくもありません。そこで、2文を単純にandでつなぎ、


Breast cancer is the most common cancer in women and it has a five-year overall survival rate of 90%.


としてもよいのですが、関係詞の非制限用法を用いて以下のように表すこともできます。


Breast cancer, which is the most common cancer in women, has a five-year overall survival rate of 90%.


という文ですね。ここで注意して欲しいのは、「関係詞節に入っているのは上記2の情報ではなく1の情報である」ということです。1の情報は、2の情報に比べてより一般的な情報であり、特に医学論文を読む専門家にとっては周知の事実と言えます。従って、この文で伝えたいことは、確かに1と2の両方の情報ではあるのですが、より重要な(伝えたい)のは2のほうなのです。関係詞節に2の情報を入れて、


Breast cancer, which has a five-year overall survival rate of 90%, is the most common cancer in women.


としてしまうと、「乳癌は女性の癌の中でもっとも一般的である」という情報が新情報のように映り、奇異な感じがしますし、「5年生存率=90%」という情報があたかも当たり前のように記されているのも変な感じがします。


関係詞を用いて2文を1文にすること自体は難しいことではありませんが、何がより重要な新情報であるかという点に留意する必要があります。


Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え