• Topnotch

図でストーリーを語る

ジャーナルの投稿規程には、FigureやTableの総数を一定以下に収めるよう定めているものがあります。Case Report(症例報告)などのような比較的短い論文ともなると、「FigureやTableはどちらか一つまで」とするジャーナルも珍しくありません。Original Article(原著論文)の場合、数に制限を設けないジャーナルが多いですが、FigureとTableあわせて5つ以内もしくは7つ以内にするよう定めているところもあります。


Tableは、研究中に集めたデータをExcel等でまとめることにより比較的簡単に作成できますが、Figureは、データの特徴にあわせて適切なグラフを選択するといった工夫が必要となってくるぶん、質の高い(すなわち論文の一部として有効に機能する)Figureを作成できるようになるにはある程度経験も必要です。


慶應義塾大学の佐谷秀行先生は最初にFigureを作ることを推奨されていて、特に4つのFigureを用意することが望ましいと考えられているようです。その効用は、手持ちのデータを頭の中で整理することができ、4コマ漫画のような起承転結のストーリーが明確にできるという点にあるそうです。読み手の頭にすんなり入ってくる理想的な論文を書く方法のひとつとして、試してみてはいかがでしょうか。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page