• Topnotch

同一の主語の繰り返し

重文では同一の主語を繰り返さないというのが英語の基本です。例えば、


We performed a literature review and we found that….


のようにweを繰り返すことは普通しません。例外として、andで区切った前後が非常に長く、主語が何であったかを忘れてしまうほどである場合は、andの後で改めて主語を提示することがありますが、そもそもそんな長い文はandで区切らずピリオドで区切って2文にしたほうが良い場合が多いです。


では、上記のように同一の主語を繰り返す言い方はあり得ないのでしょうか。実は必ずしもそうではありません。


I went to the market and I bought fruit.


この文は素直に訳すと「私は市場に行き、私は果物を買った」となりますが、 “I”が連続的使用により強調されているため、ニュアンスとしては、「市場に行ったのも果物を買ったのも、他でもない私だ」「市場に行ったのも私なら、果物を買ったのも私だ」になります。つまり、“何をしたか”ではなく、“誰がしたか”に重点が置かれます。逆に、冒頭の“We performed…”の文は、“何をしたか”のほうが重要ですから、weを繰り返すのは良くないということになります。


Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え