• Topnotch

公共の場と恥部(の類似点)

「公共の場」と「恥部」。一方は不特定多数の人々の目にとまる場所であり、もう一方は非常に個人的な場所です。類似点どころか意味的には対極にあるといっても過言ではありません。しかし、これらを英語で表すとどうでしょうか。前者はpublic areaとなり、後者はpubic areaとなります。よく似ていますね。発音上はpublicとpubicは全く違うので、聴いて間違えることはまずあり得ませんが、書くときには間違えないように注意しなければなりません。当然、両者とも(文脈を度外視すれば)あり得る言葉なわけですから、仮に意図しないほうを書いてしまっても、機械的なスペルチェックで検出することは困難です。Lがあるかないかで全く意味が変わってしまう2つの単語ですが、この類の間違いは、声に出して読む習慣をつけることで防げるようになります。論文は「書く」ものであると同時に「読む」ものです。一旦書きあがったら、是非声に出して読んでみてください。新しい発見がきっとありますよ。英文校正の観点を度外視しても、声に出して読むという行為は、英語の構文法を音で身につけるのに役立ちますし、発音の改善にもつながります。

Recent Posts

See All

前置詞の意図的な省略 その2

以前のブログにおいて、「Accessed 10 June 2019」のような、前置詞を省略した表記について書きましたが、今回はそれにまつわる内容になります。 日付の前に置く前置詞は一般にonであることはみなさんご存じかと思いますが、それを省略できる場合が意外に多いのです。具体的に言うと、”on that day”、”on the previous day”、”on the following da

“et al.”がもたらすメリット

論文の参考文献欄(References)で広く使用されている“et al.”ですが、これがラテン語由来の表現で、一般的な英語でいうところの“and others”にあたるということは既に多くの方がご存じではないかと思います。 「なぜ対応する英語表現があるのにわざわざラテン語を用いるのだろうか」 こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 その答えになるかはわかりませんが、論文の参考文献を整理している

reviseの結果、単語数制限を超えてもよいのか?

多くのジャーナルが論文の単語数に上限を設けていますが、これに従うのが難しいことがよくあります。毎回、簡潔な論文を書くのに四苦八苦される先生も多いことでしょう。なんとか単語数制限をクリアし投稿できたとしても、査読者から「Methodsの情報が足りない」「この既発表論文についても考察せよ」等の指摘をうけ、大幅な追記を余儀なくされることは珍しくありません。では、その際、追記によって当初の単語数制限を超え