• Topnotch

今日の英文校正メモ vol. 7

日頃Topnotchにご依頼いただく英文校正業務の中で、ネイティブエディターが実際に行った修正の例をご紹介していきます。なお、前後の文脈によっては以下に示すような変更を行わないほうが良い場合もありますので、あくまで参考情報としてご活用ください。


変更前:continuation of pregnancy

変更後:ongoing pregnancy


日本語で「継続」という場合、継続行為そのものに重きを置くのか、それとも継続している状態のことを指すのかによって最適な英語フレーズは変わってきます。



変更前:super-premature infant

変更後:extremely preterm infant


変更前のフレーズも過去に目にしたことはありますが、通常は変更後のような表現を用います。



変更前:No decrease in mean left ventricular ejection fraction associated with treatment was observed.

変更後:The mean left ventricular ejection fraction did not decrease with treatment.


「治療に伴う平均左室駆出率の低下は認められなかった」の表現。変更前の文は、「~は認められなかった」の部分を“(be) observed ”と表現することにこだわり過ぎたのか、全体としてわかりにくい文になっています。



変更前:chest X-ray showed shadows

変更後:chest X-ray showed opacities


X線像などでの「陰影」ですね。この文脈でshadowを使うのは日本人著者の特徴かもしれません。



変更前:…has been approved as analgesic

変更後:…is a licensed analgesic


変更前の表現に問題ありませんが、単語数を減らすために変更した例です。



変更前:intention to treat group

変更後:intention-to-treat population


通常、ITT解析集団などというときはpopulationという語を用います。groupは複数の群に分けたときなどの個々の集団を指すときに使うことが多いです。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page