• Topnotch

今日の英文校正メモ vol. 5

日頃Topnotchにご依頼いただく英文校正業務の中で、ネイティブエディターが実際に行った修正の例をご紹介していきます。なお、前後の文脈によっては以下に示すような変更を行わないほうが良い場合もありますので、あくまで参考情報としてご活用ください。


変更前:surviving cases

変更後:survivors


変更前のフレーズは「生存例」という日本語を元に表現したものと思われますが、survivorsという1単語で表現できることが多いです。



変更前:baby caregiver

変更後:birth attendant


変更前の表現は「出産介助者」を直訳したもののようです。



変更前:trunk stereotactic radiotherapy

変更後:stereotactic body radiation therapy


変更前の表現は「体幹部定位放射線治療」を直訳したもののようです。



変更前:a single irradiation of 80 Gy

変更前:a single fraction of 80 Gy


「単回照射」の表現。



変更前:under arousal

変更後:while awake


(患者が)「覚醒下で」の意。変更前の表現は一見正しいように思えますが真逆と言っても過言ではないです。(under-arousalと書くとよりわかりやすい。)


Recent Posts

See All

今日の英文校正メモ vol. 23

変更前:cancer resection 変更後:tumor resection 変更前のフレーズは、一般的な文書等では使われることがあるのかもしれませんが、論文のような専門性の高い文書ではまず目にしません。 変更前:A bottom cause of this problem is ... 変更後:The root cause of this problem is ... “bottom cau

今日の英文校正メモ vol. 22

変更前:The time required to complete surgery was significantly shorter. 変更後:The operating time was significantly shorter. 変更前のフレーズも使用して構わないですが、同一論文中に何度も出てくるようだと冗長になるので、シンプルな表現にしたほうがよいでしょう。 変更前:This metho

今日の英文校正メモ vol. 21

変更前:The results were shown in Table 1. 変更後:The results are shown in Table 1. 結果(Results)の項は過去形を中心にして組み立てないといけませんが、「〇〇を図1に示す」「〇〇を表2に示す」というときは例外です。日本語で書くときは「示す」と書いている方でも、英語で書くときにわざわざ過去形にしてしまっている例が散見されます