• Topnotch

今日の英文校正メモ vol. 16

変更前:Patients who completely resected stage III melanoma were

変更後:Patients with completely resected stage III melanoma were


「III期悪性黒色腫を完全切除した患者~」の意。変更前の表現だと、患者が自分で切除を行ったように見えます。



変更前:a total administration of 10 times

変更後:a total of 10 doses


日本人の書いた英文では、“dose”が適切に使用できていないことがよくあります。ネイティブの書いた英文でどのように使われているか、注意してみることをお勧めします。また、“dose”と “does”の綴り間違いにも気を付けましょう。(この間違いはスペルチェッカーを使用しても検出できないことがあります。)



変更前:death hazard ratio

変更後:hazard ratio for death


「死亡のハザード比」の意。変更前の表現は名詞が3つ並んでいるために修飾関係が曖昧となり、読み取りにくくなっています。実際、ネイティブが書いた英文でこのようなフレーズは見たことがありません。



変更前:This condition may degrade quality of life.

変更後:This condition may decrease quality of life.


“degrade”は地位や等級が「下がる」ときに使用する動詞で、「質の低下」にも使用できるのですが、殊にQOLに関しては、“decrease”、“reduce”等が用いられ、“degrade”が用いられることは稀です。



変更前:Adverse events were similar in the two groups.

変更後:The incidence of adverse events was similar in the two groups.


変更前の文では、有害事象の「種類」が2群間で同様だったのか、「発現率」が同様だったのかがわかりません。文脈を読めばわかる場合が多いですが、明確に書いたほうがよいでしょう。

所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page