• Topnotch

今日の英文校正メモ vol. 14

変更前:a disease that been shown to be associated with

変更後:a disease that has been linked to


「~との関連が示されている疾患」の意。日本語につられて“be shown to be”を使うと英文が冗長になりがちです。



変更前:harmful birth outcome

変更後:adverse birth outcome


「有害な出生転帰」の意。確かにharmfulは「有害」ですが、変更前の表現だと、outcomeが他の何かに対して有害なものであるかのように見えます。



変更前:In previous reports, (中略) has been shown.

変更後:Previous reports have shown that…


変更後の表現は無生物主語を利用したものです。変更前の文は、(中略)の部分がとても長く、肝心の動詞が最後まで出てこないかたちになっていました。



変更前:propagation from human to human

変更後:person-to-person transmission


「ヒトからヒトへの感染症の伝播」に関する記述です。propagationは熱の伝播や思想の伝播など、幅広く使用できる単語ですが、感染症の伝播という文脈ではtransmissionのほうが自然です。



変更前:Center for Disease Control and Prevention

変更後:Centers for Disease Control and Prevention


アメリカ疾病管理予防センター、通称CDCです。Centerが複数形となることに注意しましょう。



変更前:magnetic levitation type continuous flow centrifugal blood flow pump

変更後:magnetically levitated centrifugal continuous-flow circulatory pump


「磁気浮上型連続流型遠心血流ポンプ」の意。日本語でいうところの「〇〇型」を安易に“XX type”に置き換えてばかりいると、締まりのないフレーズになりがちです。



変更前:stroke with a disorder

変更後:disabling stroke


「障害を伴う脳卒中」の意。字面だけ見ると変更前のフレーズも問題ないように感じるかもしれませんが、意味的にはdisablingを用いたほうが正確です。



変更前:gene pathway

変更後:genetic pathway


「遺伝子経路」の意。

Recent Posts

See All

今日の英文校正メモ vol. 23

変更前:cancer resection 変更後:tumor resection 変更前のフレーズは、一般的な文書等では使われることがあるのかもしれませんが、論文のような専門性の高い文書ではまず目にしません。 変更前:A bottom cause of this problem is ... 変更後:The root cause of this problem is ... “bottom cau

今日の英文校正メモ vol. 22

変更前:The time required to complete surgery was significantly shorter. 変更後:The operating time was significantly shorter. 変更前のフレーズも使用して構わないですが、同一論文中に何度も出てくるようだと冗長になるので、シンプルな表現にしたほうがよいでしょう。 変更前:This metho

今日の英文校正メモ vol. 21

変更前:The results were shown in Table 1. 変更後:The results are shown in Table 1. 結果(Results)の項は過去形を中心にして組み立てないといけませんが、「〇〇を図1に示す」「〇〇を表2に示す」というときは例外です。日本語で書くときは「示す」と書いている方でも、英語で書くときにわざわざ過去形にしてしまっている例が散見されます

所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page