• Topnotch

今日の英文校正メモ vol. 11

変更前:the patients received the drug were…

変更後:the patients receiving the drug were…


現在分詞と過去分詞の誤りはネイティブにはほとんどみられません。一方、英語を母国語としない方だと、それなりに英文を書ける人でもうっかり間違えてしまうことがあるようです。“patients undergoing total hip arthroplasty”とすべきところを“patients undergone total hip arthroplasty”と書いてしまうのも同様の誤りですね。



変更前:the events occurred during this period were…

変更後:the events (occurring) during this period were…


一つ目に紹介したものと似ていますが、occurの現在分詞と過去分詞の誤りは、それなりに英文を書ける方にもみられます。しかし、そもそもoccurは自動詞なので“the events were occurred by…”などのような受動態表現が存在しません。さらに、ここでの“occurring”は削除可能で、“…events during…”することができます。



変更前:recovery of locomotive function after spinal cord injury

変更後:recovery of locomotor function after spinal cord injury


「運動(歩行)機能の回復」の意。“locomotive function”という英語表現もありますが、そちらは機関車に関する記述等で使われることが多いです。



変更前:XXX had a higher frequency of adverse events than placebo.

変更後:Adverse events were more frequent with XXX than with placebo.


XXXには薬剤名が入るとお考えください。“have”は幅広く用いることのできる非常に便利な動詞ですが、それでも高頻度の有害事象と薬剤名とを直接結び付けるのに用いるのはやや強引すぎます。変更後の文では“than”と“placebo”の間に“with”を用いている点にも注意しましょう。



変更前:patients who had insufficient effect of XXX were…

変更後:patients who had an inadequate response to XXX were...


XXXには薬剤名等が入ります。「薬の効果が不十分であった患者」などというとき、反射的に“effect”を用いるのではなく“response”を用いるとうまく表現できることがあります。




Recent Posts

See All

今日の英文校正メモ vol. 23

変更前:cancer resection 変更後:tumor resection 変更前のフレーズは、一般的な文書等では使われることがあるのかもしれませんが、論文のような専門性の高い文書ではまず目にしません。 変更前:A bottom cause of this problem is ... 変更後:The root cause of this problem is ... “bottom cau

今日の英文校正メモ vol. 22

変更前:The time required to complete surgery was significantly shorter. 変更後:The operating time was significantly shorter. 変更前のフレーズも使用して構わないですが、同一論文中に何度も出てくるようだと冗長になるので、シンプルな表現にしたほうがよいでしょう。 変更前:This metho

今日の英文校正メモ vol. 21

変更前:The results were shown in Table 1. 変更後:The results are shown in Table 1. 結果(Results)の項は過去形を中心にして組み立てないといけませんが、「〇〇を図1に示す」「〇〇を表2に示す」というときは例外です。日本語で書くときは「示す」と書いている方でも、英語で書くときにわざわざ過去形にしてしまっている例が散見されます

所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page