• Topnotch

インターネットで閲覧できるデータは投稿には使えない?

以前のブログで多重出版について触れましたが、今回も関連する話題です。ジャーナル側としては、既に他誌で発表された研究論文や他誌に投稿中で今後公表されるかもしれない論文を受け付けないことを、明確に投稿規程でうたっています。また、多くのジャーナルは、投稿時に添えるカバーレターにおいて「他誌で発表されたこともなければ投稿中でもない」ことを宣言するように求めています。大抵はそこまでなのですが、「過去に不特定多数の人々の目に触れていないこと」を確実にするために、より厳格な規程を設けているジャーナルも存在します。


JACC: Cardiovascular Interventionsというジャーナルがありますが、ここは「インターネット上に掲載されたことがないこと」というルールも定めています。


“Manuscripts are considered for review only under the conditions that they are not under consideration elsewhere and that the data presented have not appeared on the Internet or have not been previously published…”


ジャーナル側としては、掲載する論文の新規性を確保するために必要なルールということができますが、投稿する側としては十分な注意を要する部分といえるでしょう。平たく言えば、「論文化されていない限りは問題なし」というのではなく「紙だろうがネットだろうが一度世に出たものは駄目」という考え方になります。研究者側としては、「何が既に公になっていて何がまだ知られていない知見なのか」を随時的確に判断したうえで、自らの試験結果が意図せず公になることのないように管理することが重要になってきます。


Recent Posts

See All

情報量の少ない図表なら無いほうがマシ?

論文において図表の果たす役割は決して小さくありません。Table(表)は、例えば臨床研究における患者背景データを網羅的に示すうえで欠かすことができないものですし、Figure(図)も、時系列に沿った変化や全体に占める割合などを視覚的に分かりやすく見せるのに非常に役立ちます。 しかし、日々多くの論文を見ていると、稀に「図示するほどのものではない」と感じられるものに遭遇することがあります。典型的なもの

多重投稿に対するジャーナルの苦肉の策

以前のブログでも取り上げましたが、多重出版という行為はジャーナルにとって由々しき問題のひとつです。複数のジャーナルに同じ内容の論文が掲載されることは、限られた紙面を無駄に使うだけでなく、当該分野で行われるメタアナリシスにも悪影響を与えるという話を以前しました。 もちろん、結果的に複数のジャーナルに掲載されないとしても、既にあるジャーナルに掲載もしくは投稿されている論文を他のジャーナルにも投稿するこ

著者数が多すぎる症例報告の怪

論文あたりの著者数は年々増加傾向にあります。確かに多施設共同で行う臨床研究などでは、多くの研究者が著者としてクレジットされてしかるべき場合もあるでしょう。しかし、症例報告はどうでしょうか。著者が10名を超えていると、直感的に不自然に感じないでしょうか。Catheterization & Cardiovascular Interventionsという雑誌の投稿規程には、以下のような記載があります。

所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page