• Topnotch

アクセプト後に論文を取り下げたらpublication feeの支払いはどうなるのか

オープンアクセス形式をとるジャーナルの多くは、著者の支払うpublication fee(またはarticle-processing fee)で成り立っています。著者の立場からすると、日本円にして数万円から数十万円するpublication feeは決して安いものではありませんが、支払いはアクセプトされたときにだけ必要になるのが通例ですから、リーズナブルとも考えられます。


では、もし「投稿→査読」のプロセスを経てアクセプトに至った論文を、著者の都合で取り下げた場合、publication feeの支払いはどうなるのでしょうか? このケースについて明確に言及しているジャーナルはあまりありませんが、Food & Nutrition Researchというジャーナルの規程では、はっきりと定められています。


同ジャーナルではpublication feeとして2020米ドル(欧州を除く)を支払う必要があるのですが、publicationに至っていなくても、査読が終わっている場合は565米ドルを支払う必要があり、publicationの寸前すなわち組版まで終えた段階で取り下げると、755米ドルを要求されるようです。


投稿論文が公表されるまでには様々な人々の尽力があり、公表後も、オンラインでいつでもアクセスできるようにするためのサーバー管理費などのコストがかかっています。publication feeを元手に運営しているジャーナルの中には儲け主義の悪質なジャーナルが紛れているのも事実ですが、多くの正当なジャーナルは、そうした資源の然るべき消費があってこそ成り立っており、投稿者は、そのコストを負担する責任が自身にあるということを認識する必要があります。

所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page