• Topnotch

「であろうと思われる」

日本語で書かれた論文を読んでいると、「~が重要であろうと思われる」というような表現が頻出します。日本語で書いているうちは問題ないのですが、こういった断定を避けた表現を英文にするときには注意が必要です。「であろう」や「と思われる」にあたるフレーズ(may、appear、seem等)を多用しすぎると、自信がないのかと思われてしまうおそれがあります。


もちろん、本当に確信が持てず、「可能性がある」と言いたいのであればmayを使えばよいですし、「おそらくそうだろう」というときはprobablyを使えばよいです。しかし、論文中で具体的な研究結果を提示し、考察(discussion)を経た後の結語(conclusion)で「~が重要であろうと思われる」と言うときに、


…seems to be important.


となっていると、せっかくの主張が弱くなってしまう印象があります。


一方、緒言(introduction)において、


「文献レビューに基づけばAという考え方は重要なように思われる。しかしまだ十分に立証されたとは言い難い。よって我々はこのことを確かめるために本研究を行った」と言いたいときは、上記のようなフレーズが適しています。


所在地

    

    トップノッチ・コミュニケーションズについて

 

トップノッチは、生物医学分野に特化した論文翻訳・校正とその投稿に関するコンサルタントサービスを提供しており、お客様のほぼ全てが日本国内の研究者とその卵です。トップノッチの強みは、専門分野に秀でたネイティブの校正者による校閲に加え、雑誌社と翻訳会社の双方での勤務経験を有する投稿論文コンサルタントにより投稿の各ステージにおけるサポートが受けられるという点にあります。大手企業にありがちな杓子定規な対応をせず、それぞれのお客様の状況にあわせ親身になって支援させていただきます。

Copyright © 2013-2019 Topnotch Communications. All rights reserved - 翻訳・英文校正

〒114-0032
東京都北区中十条1-3-18-304
サンヒルズ

Topnotch Communications

Tel: 050-3578-8875
Eメール: 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page